第4回アルクえいごスピーチコンテスト】1007人の応募の中、35名が本選に出場しました。

小学校3年生の女の子準優勝を受賞しました。女の子は、「準優勝を受賞出来てとても嬉しいです。去年もコンテストに出場させてもらい、初めてのステージで本当に緊張して、練習通りに出来ずに終わってしまいました。今年は、その時の経験をいかせて良かったと思います。」と語りました。

受賞スピーチはこちら

【第17回かながわ小・中学生英語スピーチコンテスト】

2019年度、教室から3名応募、審査を通過し3名全員入賞しました全員本選(10/13)のステージへ進む予定でしたが、台風の影響のため、コンテストが急遽中止となりました。入賞した子達のためにも来年もチャレンジをして、頑張りたいです。

その3名のスピーチを披露する場を設けたいと思い、ハロウィンのイベントの第二部で発表会を開きました。顔写真入りのオリジナルトロフィーを授与、その後スピーチをしてもらいました。※スピーチは33秒前後からスタートします。

【ハロウィンスピーチ発表会】

スピーチ原稿の音読を練習をしているムービーです】

スピーチコンテストの原稿作成の舞台裏

夏休みに生徒さんがスピーチの原稿を講師と一緒に作っているムービーです。このように、共同作業で原稿を作り、練習を重ねていきます。

スピーチコンテストの原稿の練習をオンラインでしているムービーです

第16回かながわ小・中学生英語スピーチコンテスト】に2名の生徒が応募、2名とも本選へ出場しました。

6年生の男の子が小学校高学年の部で準優勝を受賞しました「受賞出来て本当に嬉しいです。けれども他のファイナリストの人達の素晴らしいスピーチを見て、僕はまだまだだなと感じたので、英語を頑張りたいと思いました。」と話してくれました。

Global Kidsでは、スピーチコンテストにチャレンジする機会をとても大切だと考え、取り組んでいます。コンテストにむけて、練習をするので英語力がさらにアップすることもありますが、それ以上にステージで話す経験が子供達の心の成長を促すからです。小学生からこのような経験をすることは、国際社会に生きる今の子供達の将来にとって貴重かつ大切なこと。スピーチコンテストに参加をし、舞台の上から多くの方々にむけて自分の想いを堂々と英語で話す子供達の姿を心から頼もしく思います。

スピーチコンテスト実績
2017年 第3回アルクえいごスピーチコンテスト本選出場 1名(876名中29名選出)
2018年 第4回アルクえいごスピーチコンテスト本選出場 1名(1007名中35名選出)
準優勝 1名
 
2018年 第16回かながわ小・中学生英語スピーチコンテスト本選出場 低学年1名 高学年1名

高学年の部 準優勝受賞1名

2019年 第17回かながわ小・中学生英語スピーチコンテスト小学生高学年の部入賞 2名、中学生の部1名