生徒さんはフランス人シェフ?

こんにちは。今日もブログを読んでくださり、ありがとうございます。私は普段英会話講師をしています。そして、もう一つ外国人向け和食料理講師というオンラインで英語を使ってビーガン料理を教えるお仕事もしています。通常ではお会いできないようなお客様と出会える、それはとても楽しいお仕事です。

「京都で食べたラーメンが忘れられない」

私が初めて担当したのは、オーストラリアのご夫婦。「京都で食べたビーガンの美味しいラーメンが忘れられない」と、ビーガンラーメンと餃子を一緒に作りました。とても感じのいいご夫婦で、お子さんとその時おうちに遊びに来ていたゲストの方までがあいさつに来てくれ、楽しく会話をさせて頂きました。

お料理が出来る前から「ラーメン早く食べたい、待ちきれないー!」と言って、できたその瞬間、Thank you! See you!と速攻でバイバイ(@^^)/~~~ 思わず笑ってしまいました(笑)

 日本に行かずして和食を習えてラッキー

次のお客様は、これまた素敵なフランス人カップル。おしゃれでしかも優しくてとてもユーモアのセンスがおありの方々。ハロー!とご挨拶したら、それこそパリのおしゃれなキッチンからおしゃれなお二人が登場。

フランス語は話せないので、フランス語をたしなんでいる娘に「私の名前は玲子です」というのを教えてもらい、フランス語をちょっと交えながらご挨拶をさせて頂くと、場が和み、「フランスでは、こんな白い椎茸があるよ」と見せてくれました。

「日本語のCawaiiってどんな意味?」「あー、そうなの?フランス語ではmignonneというんだよ」とか、「日本の漫画はフランスでとても人気なんだよ」と教えてくれて、「日本の和食の材料について色々と質問をしたり、「このコロナ禍では世界中のオンライン料理を楽しんでいるよ。日本に行かずして、和食を習えてとてもラッキーだ!」とお話して下り、会話がとても弾んで、楽しんで、一緒に作りました。

インターご出身ですか?

驚いたのは、お二人の英語力。とても聞きやすい、上手な英語をお話になっていたので、インターナショナルスクールご出身ですか?と聞くと、「いや、学校で習ったのと、自分で学んだよ」と、どうやって英語を学習したかも教えてくれました。

レッスンが終わって、ご夫婦のInstagramを教えてもらい、フォローしたら、

!!!なんと!!!お二人ともプロフェッショナルなシェフではないですか!

シェフというのは聞いてはいたのですが、こんな素敵なシェフ?とびっくりしました。

お二人も本当に素敵なのですが、お二人が作るお料理もとても素敵なのです。

後に、お二人もフォローバックをしてくださり、今でも繋がっています。

  

英語でコミュニケーションが出来たら、色んな国の人と仲良くなれます。

日本で普通に生活していたら、出会えない方達と会話を楽しみながらお料理ができるって本当に素敵、ラッキーだなと思います。それも、英語でのコミュニケーションができるから。

英語ができると、自分の世界が広がります。

私がこのお仕事が好きなのは、色々な国のこと、そこで暮らす方のこと、その方の考えを知れる喜びがあるから。

異文化を知るというのは、私にとっては自分の人生を豊かにするもの。それをわが子供達にも、生徒さんにもきちんと伝えていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です