中学受験と英語の両立

「英語のレッスン、休ませたいと思ったことはないです。」

S君は小2から通っている大切な生徒さん。この春、中学受験勉強をしながら英語の勉強も続け、見事合格をしました!

受験をすると保護者様から聞いていたので、休会して大丈夫ですよ、宿題は無理せずにとお伝えしていたのですが、一度もレッスンを休まず、宿題もこなしました。

玲子受かったよー!」と教えてくれた時は、一緒に合格を喜びました。両立は、大変じゃなかった?と聞くと試験前は本当に大変だったから勘弁してーって思った(笑)  それ以外は全然大丈夫だった と返ってきました。

本当によく頑張ってくれて嬉しかった♡!と伝えると、S君はいつものニコニコの笑顔になっていました。

入試が無事終わって、中学のテキストを取りに来てくれたS君。

先生から教わることは英語以外にも大きいです

お母様になぜ受験生なのに、英語のレッスンを休まなかったのか理由を聞くと、「受験科目に英語はありませんが、玲子先生から教わることは英語以外にも大きいです。本人の姿勢をみて、普段のままで頑張るのが良いと思いました。」という嬉しいお言葉を頂戴しました。

先生に頂いたタコさんとメッセージは、試験の合間の休憩時間に眺めていたそうです。」とお母様から聞き、思わず胸がいっぱいになりました。

タコさんことオクトパス君

※オクトパス君=受験生に合格祈願で贈るタコのこと パス=Pass
合格の意味

お気に入りの漫画の隣に飾っているよ!

久しぶりに会った彼は、開口一番、「先生、僕タコさん、お気に入りのマンガの隣に飾っているよ!」と話してくれ、嬉しくなりました。

彼は、すらっと背が伸び、話し方も大人びていました。でも素直で純粋で頑張り屋さんは変わっていません。

初めて教室に来てくれた時から6年。こんな素敵な生徒さんに長く通っていただけて、幸せです。中学生になってもアルクは続けてくださる、これも本当に嬉しいです。

小学校ご卒業のお祝い(本)と中学ご入学のプレゼント(名前入りのシャーペン)を今年中学生になる二人に贈りました。

あの時、やっぱり英語を続けて良かった。S君が大きくなり、振り返ったときにそう感じてくれたらこんな嬉しいことはありません。合格本当におめでとう。中学生になっても、楽しく英語を学んでいこうね。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です