なぜネイティブ講師より日本人講師を選ぶのか?

大切なお子さんを先生に託すのですから、ネイティブの先生か日本人講師を選ぶか悩みますよね?今日は、英語を習う際の先生選びについて書きます。

こんにちは。今日もブログを読んで下さりありがとうございます。

英語を親しむことで、子供達の人生を豊かにしたい。その想いを胸に英会話講師をしている池田玲子です。

考慮すべきは、お子さんの今の英語力!

色々な意見があります。これは私個人の主観ですが、まず、先生を選ぶ前に、考えないといけないこと、それは、今のお子さんの英語力です。

お子さんは、自分が分からない時に、

「先生分からない!分かりません!」

と英語できちんと主張出来ますか? 質問したい内容を英語で質問出来ますか?

英語のみで説明、解説された内容をきちんと理解できるだけの英語力が今あるか?

もしかなり小さな頃からネイティブの先生に習って、英語をネイティブのように話す人がいつもそばにいて・・という環境で育っている、育ったお子さんで、力がすでにあるお子さんであれば、ネイティブの先生に習っていても今後困ることは、まずないでしょう。でも気をつけないといけないのは下記のようなケースです。

実はうちのスクール開校時に来ていた小学生の約半数は、元々ネイティブの先生に小さい頃や小学生になってから習っていた、でも結局日本人講師の方がいいと思い、うちに来てくれたという事例があります。保護者の方から聞いたのは、

「子供が全然英語をわからないままです。」

「 英語力の成長がみれなかったので、もう英語をやめようと思っていたところでした。」

「途中までは楽しそうにしていました。理由がよく分からないのですが、子供からやめたいと言ってきたのでやめてしまいました。」

中には何年も長く通っていた方もいます。 お子さんが、つまづいているのに、特にお子さんも何も言わないので、楽しく通っているからいいだろうとあまり気に留めなかったというケースです。

なぜネイティブ講師でなく、日本人講師を選んだか

実際に生徒さんに 当時の様子を聞いてみると、

わからないところがあって、先生に質問するのだけど、英語で返されて、その内容がまるでわからなかった。

めんどくさいから、わかったふりをしていた。」

などと話してくれます。 つまり長く通っても、身に付くことが少なかった。

繰り返しになりますが、分からないことの質問の答えが英語で分からなかった。

この時の子供達の気持ち、私は良く分かります。

後々困るのは、子供達?!

ネイティブの先生は盛り上げるのがとても上手です。とても楽しいレッスンもしてくれます。子供達も楽しいレッスンは大好きでしょう。私達日本人講師も子供達に楽しいレッスンをできるよう沢山の工夫を日々しています。

けれども、楽しくレッスンを受けている=理解している・身についているという方程式が、時にあてはまらない時があるのです。勿論、楽しいのは大切なこと、楽しくなければ続きません。

自分がわかっていないところをきちんと理解せず、そのままにずっとしていると、英語の概念や英語という言葉の特性をわからないままになってしまうのです。その後、Be動詞と一般動詞がごちゃごちゃの疑問文を作るようになったり、三単現のSが分かっていなくて、いつまでも修正に時間がかかるなど、後々困るのは子供達なのです。

「うちの子きちんとわかっています?」

勿論、ネイティブの先生も教え方が本当に上手な方もいます。でも、保護者の方が気をつけないといけないのは、ネイティブの先生に託したら、お子さんがきちんと理解しているかどうかをまめにチェックしないといけないということです。そして、あれ?どうかな?と疑うときは、ネイティブの先生に

「うちの子きちんとわかっています?」

と他の方を介さず、ご自身が直接聞けた方がいいです。その点、日本人講師は日本人の間違いやすい箇所、つまづきやすい部分を事前に把握していて、日本語で話せるので子供も大人も楽です。日本人にしかわからない、ニュアンスや日本人の気持ちをより理解してくれます。

レッスンは基本英語ですが、文法や生徒さんが疑問に思っていることなどは日本語を使って、丁寧に分かるまで説明します。
レッスンは基本英語ですが、文法や生徒さんが疑問に思っていることなどは日本語を使って、丁寧に分かるまで説明します。

習うなら、絶対にネイティブの先生?

本当はネイティブの先生にお子さんは絶対に教わろうと決めていたお母さまが、なぜかうちに習いに来てくれたケースがあります。親子でレッスンを受けるタイプのレッスンですが、なぜか聞いてみると、

「体験レッスンの時に、まず私自身が先生の言っていることが分からなくて、コミュニケーションがとれなかった。子供も私も英語で質問が出来ないから、日本人の先生で、発音もきれいな先生がいいって思った。

そう教えてくれました。

これから教えて貰おうと思っている先生は、どんな先生ですか?

物事には必ず、メリットとデメリットがあると思います。そして、ケースバイケース。私の言っていることが、あてはまらない方もいると思います。

ご自身のお子さんにとってネイティブの先生に習うメリットとデメリット。日本人講師に習うメリットとデメリットは何かをまず考えて、どちらが良いと思うかリストアップした上で、先生とお子さんの相性を見極めるといいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です